子どもが幸せになるためのお金

親が子どもを育てるのは当然ですが、社会全体で子どもを育てるためには、公共的なお金の使い方が必要です。公園、公民館、児童館、保育所、保健所などでしょうか。でもそれだけではなく、マイケルジャクソンなんかのセレブが太っ腹にドカンと学校に寄付したりしますよね。私がお金だったらそういうセレブが公共のために使うお金になってみたいです。お金持ちはお金をどんどん使って流通させていき、それを受取る側もみんなハッピーです。お金っていいですね。消費者金融無利息なんかで流通するお金とは一味違う感じがします。

ダイエットに使われたい

私はデブなので、デブな人には食べ物ではなくてダイエットにお金を使ってほしいです。お金が喜ぶ使い方ってあるんですよね、絶対に。お金自体にきれい・きたない、いい・わるいはないと思います。ただ、その使い方だけだと。

デブの人にはセルライトが多いのでセルライトエステに行ってお金を贅沢に使ってもらいたいです。だったらお金自身も喜ぶと思います。世の中に人間の悩み・コンプレックスがあればあるほど、それを解決するビジネスが儲かります。そのもっともたるものが美容整形でしょうね。

お金をかけずにダイエットはできますが、やはり続かないものです。キチンと自分の体に投資するという意味でダイエットに使ってもらいたいですね。私がお金だったら、でした。

優しい人に、大切な人のために

誰かを思いやる人の、大切な人のために使われたいです。
例えば、何か贈り物をする時。「これを買ったら喜ぶかな?」「どんな顔をするかな」とか、贈り物をする人のことを考えて、何かを購入する時に、気持ち良く使われたいです。
また、自分の大切な人が普段頑張っていて、労をねぎらう時にも使われたいですね。美味しいご飯を一緒に食べたり、一緒に旅行に行ったり、何か面白いことをしたり…。
人と接する時、いやいや関わられたり、テキトーに使われたり、ぶっきらぼうにされたりするのはあまり気持ちの良いものではないですからね。お金も同じだと思います。

自分を満たすために

才能を発揮したいけど、どうしてもお金が必要な人に使ってほしいです。またそうした人のために場所や機会を提供したり、広く人に知ってもらうといった、才能を持った人を助ける活動をする人にも使ってほしいです。

犯罪のように他人に危害を加える目的以外の用途であれば、買い物や貯蓄、投資等どんな形で使っても良いです。募金や寄付といった他人のためだけでなく、おいしいものを食べたり行きたいところへ旅行したり、自分を満たすためにも使ってほしいです。

お金の願い

もしも私がお金だったら、どんな使い方をされたいだろうか。
一晩で、パーッと使いきってしまうような使われ方も爽快でいいかもしれない。
けれど、できることなら、自分が(お金が)使われたことによってじっくりゆっくり誰かが幸せになるような使われ方をされたい。それから、ちょっぴり粋な使い方をする人に使われたい。
例えば、街角に小さな私設の公園を作って、誰でも木陰でのんびりできる場所を作るとか。公園には街の人が読み終わった本を持ち寄って、持ち込み持ち出し自由の文庫コーナーを設けるのもいい。
お金を出した本人はそこに集う街の人を眺めて笑っているような、そんな人に使われてみたい。